OYAKO+Compassについて

about_oyakocompass

Concept

中学受験を経験したからこそ見えてきたもの。
このプロジェクトは、中学受験を経験した一児の父親と
家族を支えた先生の想いから生まれました。

当サイトは、発起人である(株)たかくら新産業代表の高倉の子どもが中学受験を迎え、実際に父親の立場で関わった所から始まりました。

中学受験は、予想以上に過酷で子どもにも家族にも大きな負担がかかることを実感し、当時の家庭教師、中学受験専門カウンセラーの安浪京子先生に「息子のために親として何かできることはないか?」「親子の関係をおだやかなものにする方法はないか?」と相談しました。

その後、たかくら新産業と安浪京子先生を中心に、実際に子供の中学受験を経験したアロマセラピストやNLPの専門家が集まり、「各分野の専門家であり、中学受験に関わった親、先生」による「中学受験を親の目線でサポートするプロジェクト」の活動がスタート。

その活動の1つとして、親ができる中学受験のサポート(メンタルフォロー/食事管理/体調管理/学習のフォローなど)についての情報を発信する場「OYAKO+Compass」を開設しました。

「親子の受験」と呼ばれる中学受験

image_oyako中学受験の動機として、「中高の一貫校で、最も大切な時期を落ち着いた環境で過ごせる」「子供の個性を伸ばせる学校へ行ける」などのメリットがあげられる反面、受験期間中は、十分自身を律することができない未成熟な部分を多分に残した子ども達のため、「過酷な受験勉強による子どもの精神的ダメージ」や「親子関係がぎくしゃくする」という心配なことがあります。

それゆえ、中学受験は「親子の受験」を呼ばれ、子どもに対する親のサポートが重要な役割を担っており、このサポートができるか否かで、中学受験の合否のみならず、その後の家庭のあり方も変わってくると私たちは考えています。

<受験中の心配なエピソードの一例>

  • 受験勉強中の親子関係のこじれから、勉強のやる気がなくなってしまう(親子関係のこじれ)
  • 受験中に自信を大きく失い、中学進学後も自信を持てなくなってしまう(自己肯定感の低下)

第一志望に合格したらゴール?
中学受験は通過点であり
大切なのは、受験を通した子供たちの将来。

中学受験は何のためにするのでしょうか?「中学受験を通して頑張る力を身に付けて欲しい。」などと思って始めた中学受験も、実際に当事者になると、テストの成績に一喜一憂してしまったり、いつのまにか「合格」だけがゴールになってしまう家族が多いのが事実です。過酷な中学受験の中で少しずつ忘れてしまう「中学受験の目的」を、今一度思い出していただけたらと私達は考えています。

「自分なんて価値がない・・・」
中学受験の中で気づかぬうちに
傷をおってしまう子供たち。

中学受験勉強中の子供たちは、テストの成績に一喜一憂したりと日々プレッシャーと闘っています。それに加え、親や先生から「もっと頑張れ!」「なぜ成績が上がらないのだろう」という毎日の叱咤激励。

そんな受験生活の中、

「中学受験に失敗したら、自分には価値がないのではないか」
「失敗したら親が悲しむのではないか」

と自己肯定感が低くなり、塾や家庭教師の先生にポロっと本音を漏らしたりたり、中学受験の時に失った自信を取り戻せず、受験後に燃え尽きてしまうという話を多く聞きます。

子どもは親が大好きです。親が悲しむ顔を見たくないので、こういった悩みを親には話せず気が付かないうちに、少しずつ心に傷をおってしまうことがあるのかもしれません。

子どものメンタルサポートで一番大切なこと

子ども達は、11歳・12歳のまだまだ十分自身を律することができない未成熟な部分を多分に残した年齢。大きなプレッシャーの中、頑張り続けるためには親のサポートが必要です。

どうしても「学力」に目がいってしまう受験ですが、「学力向上」には塾の先生や家庭教師という専門家のサポートがあります。しかし、勉強を頑張り続けるための「心」をケアできるのは親しかいません。

親が子どもにしてあげられるメンタルサポートとして、「頑張れ!」と応援することをイメージする方が多いと思います。それも大切なことですが、私たちは「子供たちをありのままに認めてあげること」が一番重要だと考えています。
「愛しているよ。そのままでいいんだよ。大好きだよ」とありのままを受け入れてあげること。受け入れてもらった子どもたちは、自信と居場所を取り戻し、「また明日も頑張ろう」と勇気をもつことができると私たちは考えています。

OYAKO+Compassは、
親だからこそできる中学受験のサポート方法をご紹介します

子どもたちの自己肯定感を高め目標に向かっていくために、実際に当事者として中学受験に関わった家庭教師や塾講師、(アロマセラピスト)、NLPの専門家などが集結。親だからこそできるコミュニケーションの方法やメソッドをご紹介していきます。

すべての中学受験生が「中学受験、頑張ってよかったよ」「ありがとう」と笑いあえるその日のために、お役に立てたらうれしいです。

 


Project Member

中学受験に先生として・親として
当事者として関わったメンバーで運営しています

 

yasunami算数教育家/中学受験専門カウンセラー/コンサルタント
安浪 京子

神戸大学発達科学部卒。関西、関東の中学受験専門大手進学塾にて算数講師を担当、生徒アンケートでは100%の支持率を誇る。プロ家庭教師歴15年以上。
2011年、中学受験算数を専門としたプロ家庭教師集団プレスティージュパートナー(株式会社アートオブエデュケーションの前身)を設立。きめ細かい指導とメンタルフォローをモットーに毎年多数の合格者を輩出している。
中学受験、算数、メンタルサポートなどに関するセミナーを多数開催、特に家庭で算数力をつける独自のメソッドは多数の親子から指示を得ている。
中学受験や算数に関する著書、連載、コラムなど多数。また、教育業界における女性起業家としてビジネス誌にも多数取り上げられている。

株式会社アートオブエデュケーション>> | きょうこ先生のブログ>>

 

takakura(株)たかくら新産業代表取締役
高倉 健

大学卒業後、西武百貨店入社。当時のトレンド最先端を牽引するSEED館で企画を担当。1993年に「たかくら新産業」を設立。世界各国の感度の高い化粧品や雑貨の輸入販売を手がける。

自身の体調不良と妻の乳がんがきっかけとなりオーガニックをライフスタイル に取り入れはじめる傍ら、オリジナル商品の開発を開始。世界各国でオーガニックの製品、原料、工場を探し求め2008年に「わかりやすいオーガニック」 をコンセプトにオリジナルセレクトブランド「made of Organics」をスタート。

現在も「”かぞく”に使ってほしいもの。」という企業哲学のもと、商品開発をおこなっている。自身も一児の父として中学受験を経験。

たかくら新産業公式ウェブサイト>>

 

yamashitaKahua~relaxing on earth~/ (一社)日本アロマ蒸留協会 理事
山下 美紀

第3子出産後、アロマやハーブなど様々な自然療法、ボディケアを学ぶ。 自宅スタイルのサロン&スクールKahua~relaxing on earth~を主宰し、アロマとハーブの資格取得講座、木の実(ナッツベリーアロマ)の講座、出張講座など多数の講座開催。植物のチカラで心と体を根っこから元気にする。
自身も親として子どもの受験をサポートするためにアロマを活用。現在長男は京都大学に在学中。

サロン&スクールKahua~relaxing on earth~公式ウェブサイト>> | ブログ>>

 
hara_mini

子どもコーチクラブ代表
原 潤一郎

大学時代は少年サッカーのコーチ。世界最高水準のプロコーチ養成スクール「チームフロー」にてコーチングをマスター。幼稚園生から85歳の方まで 1000人以上にコーチング。東京近郊の小学校・学童でのワークショップ。他県からもセミナー依頼多数。放課後の時間の多くは、小学生に会うため、毎日のように飛び回り、5年間で1000人以上の小学生の夢発見や問題解決をサポートする。

 ブログ>>